FC2ブログ

帰ってきたブッピー

SM長野管理人のブログ

くびより大きなもの

〇き家のバイト店員
「くびかくご」って
くびは当然だが損害賠償の支払いや実名公表による社会的制裁は大きいよ
  1. 2019/02/03(日) 14:47:05|
  2. 怒りのブッポ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

某大学反則タックル事件

某大学アメフト部選手が犯した反則タックルが大問題になっている
いろんな記事や記者会見を見ているとそれは監督・コーチの指示で選手は逆らえなかったというのが本当のところだろう
被害者の親も反則を犯した選手ではなく、その向こうの安全地帯にいる監督・コーチの責任を問い、体育会の体質を変えたいのが本音だろう
実行犯(選手)と教唆犯(監督・コーチ)
実行犯はすでに謝罪し誠意も被害者側に伝わっている
問題は教唆犯だ
誠意のない彼等を社会的に葬るには誠意ある実行犯も刑事告訴しなければならない
だから誠意ある実行犯には嘆願書を提出して罪をできるだけ軽くしようとしている被害者の父
自分も体育会系のスポーツをやっていたのでわかるが監督と言えば「神」である
絶対的な権限があり、選手はどんな命令もやってのける
その結束が強ければ強いほどチームは強くなる
しかし今回の場合は結束は強かったが「神」である監督の考えががよくなかった
いつまでも選手を盾にして隠れず、すべてのメンツを捨てて詫びてほしい
被害者はもちろん、実行させた選手にも
でなければ教え子を「前科者」にした悪しき指導者として後ろ指さされながらみじめな余生を送ることになるよ
  1. 2018/05/27(日) 00:22:38|
  2. 怒りのブッポ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

心は開かない

北海道で少年が親に置き去りにされて6日ぶりに保護された。
親とコミュニケーションが取れていない子供はこんなものだ。
私も心当たりがある。
母親に買い物を託された自分は買い物を終えて家に帰った。
ところが母親は「釣りが足らん」という。
「釣りを貰ってこい!」と母親。
「釣りは渡した」と店のおばちゃん(少額だったので領収書なんか貰わんから当然だ)
どこにも行けなくなった自分は突然降ってきた雨の中傘もささずに空き地にポツン
ヒドイ話だ。

近所の井戸にサンダルを片方落としてしまった。
母親は「拾ってくるまで帰ってきたらアカン」
行き場を失った自分は草むらでポツン
夕方になっても帰ってこないから近所の人たちも加わって大捜索。
「帰る」という選択肢を失うと子供は親を頼るどころか敬遠する。
親たちはもうこの世にいないが亡くなっても涙ひとつでんかった。

この事件も少年は腹を括っていたのだろう。
おそらくもう親に心は開くまい。
  1. 2016/06/07(火) 22:06:34|
  2. 怒りのブッポ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

7月29日 でもさ~

いじめで自殺ってやっぱりダメだね。
自分が死ぬ前にいじめた相手に一矢報いるくらいの気持ちがないと、社会に出てからもきっと負けるよ。
自然界はもっと厳しい競争が待っているのです。
日本のルールで人権は保護されているとはいえ、ひとりひとりが根本に強い生命力を持っていないと生きていけません。

国によってはそんなん放ったらかし。
また先生の権限は絶対で親が「体罰だ、けしからん!」なんて言ったら、キ○ガイ扱いされます。

日本も昔は教師が悪いことをした生徒に対して鉄拳制裁をしたものです。
それに先生に殴られた生徒がさらに親に叱られた時代もあったんです。


このフクロウを見てください。
どんなに囲まれても自分で威嚇して自分を守ろうとしています。
仲間を呼ぶ素振りも見せません。
自殺する前に、死ぬ気で立ち向かえ!のび太くん!!

テーマ:日記 - ジャンル:アダルト

  1. 2012/07/29(日) 21:21:08|
  2. 怒りのブッポ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

7月16日 大津いじめ事件を考察してみる

自分はいじめる側もいじめられる側も両方経験しました。
いじめは普通、誰も見ていないところで陰湿に行われます。
そしていじめられている側の堪忍袋の容量を超えた時、報復が行われる。
その報復は過剰な自己防衛が根底にあり非常に攻撃的です。
堪忍袋にため込んだ恨み辛みが一気に発散されます。
ため込んだその怒りは相手の体の一部機能を奪ったり場合によってはいじめた側を死に至らしめることもあるほど凄まじいものです。
何しろ殺意を持っていきなり報復するのですから、安易な気持ちでいじめていた側は受け身も取れずひとたまりもありません。
大津の事件ではいじめられた側の死の報復としていじめた側の社会的制裁は計り知れない。
インターネットでは本人の画像とともに氏名、住所、電話番号はもちろん、親の画像、氏名、勤務先の情報まで飛び交っています。
究極の報復なのかも知れません。

他に方法はなかったのかを考えると消去法である事情が浮かんできます。
教育機関も警察も動かなかったその事情を考えてみる。
いじめた側に制裁を加えるとある結果が予想された。
その結果は自殺した少年にもわかることであった、まわりに期待しても改善されないのは明らかだった。
唯一の逃げ場所である自宅にさえ彼らは乗り込んで金品を奪っていった。
いじめられた少年は物理的な報復は家族のことを考え、行わなかった。
だから自殺を選んだ。
ある結果とは。

何か根強い事情が見えてこないですか・・・


いじめの関連記事
だいぶ前、同窓会でいじめられた恨みを晴らそうとした人が逮捕されました。
小学生を泣かせてyoutubeにUPした中学生を忘れていませんか?

テーマ:日記 - ジャンル:アダルト

  1. 2012/07/16(月) 23:33:44|
  2. 怒りのブッポ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
次のページ

お客様総数

SMブログランキング

人気のSMブログへ

プロフィール

SEO対策:緊縛

bupposo

Author:bupposo
ペルソナの貴公子。
緊縛SMサイト、SM長野の管理人。

ブロとも一覧


ブリザードの部屋

SM出会い

フリーメールで

近くのパートナーが見つかる

SM動画

厳選SM動画

シネマジック

オンライン

緊縛の華園

~ART SM ONLINE

高画質

SM画像

厳選SM画像

SM-EROTICA

SMエロチカ

高画質

厳選アダルトグッズ

bupposoもSM道具はここで購入しています。

価格崩壊・最上級

携帯用サイト

携帯からも利用できます

QR

読み取ってアクセス!

カテゴリー

管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近のトラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

縛りは愛

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する